ネオ大衆酒場馬るTOKYO~オーナー村山氏へのインタビュー

インタビューゲスト

村山将平(むらやましょうへい)
・「ネオ大衆酒場馬るTOKYO」オーナー
・合同会社River Villageの取締役

【高たんぱく質で低カロリーな馬肉、食べやすいし売りやすい】

大学卒業からずっと飲食店で仕事して、飲食店のマネージャーも経験して、飲食に関してたくさん勉強していました。
なぜ馬肉のお店をやるかというと、やはり普通の人よりは馬肉が好きですね。
高いタンパク質で低カロリーな馬肉は、女性にも人気があり、飲みがメインのサラリーマンでも食べやすいです。
そして販売しやすいところもあります。
メニューは基本的自分が考案しています。
馬肉ははやり少し珍しいので、それを狙いにわざわざ来てくれる人がいます。
メインは馬ですが、他にもいろいろなメニューがあります。

【レトロとモダンの風情を同時に楽しめる「ネオ大衆居酒屋」】

「ネオ大衆酒場」という店舗のジャンルがありまして、ここ2、3年出てきたコンセプト。
従来の大衆居酒屋のレトロな風情が残しつつも、モダンな雰囲気があるお店のこと。
もともと大衆酒場は汚いイメージですが、うちはちゃんと清潔感も内装にもこだわっています。
綺麗で明るくて賑やかなお店で、若い人でも入りやすいです。
出すものもおつまみだけではなく、料理もちゃんと美味しく作っています。
ご飯をメインで頼むお客様も多いです。

ネオ大衆酒場馬るTOKYO

【DJイベントやTシャツの販売もやったりしています】

R&Bとヒップホップが好きで、お店でDJイベントもやったりしていました。
ボーズの一番いいスピーカーも入れて、音響もすごくよかったです。
Tシャツも作って販売しいて、海外の方にも人気です。

【ネットでも物販を初めています】

いま馬肉のドッグフードを作っています。
もう製品はできていまして、サイトができたらもう販売できます。
どうぞご期待くださいませ。

【村山さんからの一言】

安価でとてもおいしい馬肉を食べられるお店です。
店内おしゃれで入りやすいですので、お買い物の後でもお仕事買えりでも、ぜひご利用くださいませ。
こんな状況ですけど頑張りましょう。

【村山さんの好きなメニュー】

「馬肉の赤身ごつ盛り」
来店するたびに、一組に一個出します。
売値は150円ですが、原価はそれ以上です。

馬肉の赤身ごつ盛り

「つぼ漬け馬肉」
自家製ダレに付け込んだお肉。
熟成した馬肉。
味は焼肉っぽい。

つぼ漬け馬肉

店舗情報

店名:ネオ大衆酒場馬るtokyo
住所:東京都中央区銀座7-2-14
アクセス:新橋駅/銀座駅から徒歩5分、有楽町駅から徒歩6分
電話番号:03-6228-5329
営業時間:
月~金、祝前日: 17:00~翌0:00 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 23:30)
土、日、祝日: 16:00~翌0:00 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 23:30)
店休日:不定休
平均予算:3000円〜4000円

ネオ大衆酒場馬るtokyo – Google Map
ネオ大衆酒場馬るtokyo – Cポン

  • コメント: 1

関連記事

  1. ぎんざ割鮮うち田様より感謝メッセージ!

  2. 安彦大地社長が振り返る~イタリアンダイニングバー エルデ(Erde)の創業の話

  3. Hachikuji Dining 一花様よりメッセージ!

  4. 大東京酒場 市ヶ谷店

    大東京酒場 市ヶ谷店~面白く美味しくてリーズナブルな居酒屋~ムー麺企画

  5. Cポン1号加盟店~六本木バー「エルアミーゴ」

  6. cポンプレミアムグルメ会 サロンドジュリエ

    Cポンプレミアムグルメ会INサロンドジュリエ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。